急に自身のオタク人生を振り返ってみる 1999~2003(小1~小5)

僕が初めて出会ったアイドルといえば、モーニング娘。である。1999年の紅白歌合戦に『LOVEマシーン』で出場したのを見たのが最初、だと思う。

 

まぁラブマはあんまり自分にはヒットせず、『恋のダンスサイト』もそこまで(なぜか家にはCDがあった)。曲としてグッときたのは『ハッピーサマーウエディング』から。歌番組に出ていたのを、祖父母の家で見た記憶がある。

 

しっかりとハマった自覚があるのは、2001年のシャッフル「3人祭/7人祭/10人祭」及び『ザ☆ピ~ス』のころ。シャッフルのCDは3人祭以外誕生日に買ってもらい(3人祭はたぶん、コンセプト上買ってくれなかったのだと思う)、娘。がパーソナリティを務めたその年の24時間テレビでは、なっち主演のドラマでボロ泣きした。

 

そのころにお年玉を使って、初めて自分で買ったCDというのが『Together! -タンポポ・プッチ・ミニ・ゆうこ-』というシブさ。ミニモニ。がブームだった中で、僕はタンポポが好きだった。

 

f:id:tinkerberryz:20161119224050j:plain

タンポポプッチモニミニモニ。中澤裕子のコンピレーションアルバム

 

好きなメンバーは矢口で、今でいう単推しだった。部屋には矢口のソロポスターとタンポポのポスターを貼っていたし、下敷きもタンポポ。ペンケースはミニモニ。好きな曲は『たんぽぽ』『乙女 パスタに感動』『でっかい宇宙に愛がある』といったあたり。自分で言うのもあれだけど、小学校3年生にしてはなかなかなチョイスだと思う。

 

まぁ小学生のブームというのはさーっと駆け抜けてしまうもので、矢口センターの『そうだ!We’re ALIVE』が出るころには熱は冷めていた。それでも『Do It Now!』『ここにいるぜぇ!』くらいまではちゃんと聴いた覚えがある。最後の記憶は、6期が加入したというニュースをめざましテレビで見たこと。なぜか亀井という名前だけは妙に頭に残ったまま、オタクとしての僕はしばらく冬眠するのである。

卒業発表について(ももち)

Berryz工房(無期限活動休止)、カントリー・ガールズBuono!のメンバーである嗣永桃子さんが、2017年6月30日をもってハロー!プロジェクトからの卒業、および芸能活動を控える旨を発表した。在学中に小学校の教員免許を取得していて、卒業後は教育の道に進むつもりだという。

 

2015年3月3日の武道館ラストライブ(現状では)以降、ベリメンでは唯一ハロプロに残り、「アイドル」として表舞台に立ってきた桃子。そのラストライブでの『21時までのシンデレラ』では、7人の中で唯一シルエットがビジョンに残り続けるという演出があり、桃子はまだまだアイドルとして活動し続けるのだと僕たちベリヲタは安心させられた。一旦幕を下ろしたBerryz工房だけど、また動き出してくれるという期待が、他の誰よりも桃子に寄せられていたのではないかと僕は思っている。

 

その桃子が、他のベリメンの中で1番最初に芸能界から退くことを表明したということは、非常にショッキングなことである。確かに、3/3以降は梨沙子も表立った活動はしていないが、時おり画像でひょっこり顔を出す。何より、芸能界を退くというアナウンスはなされておらず、今か今かと待ちわびるオタクもたくさんいる。みや、茉麻熊井ちゃんの3人は表立って芸能活動をしているし、佐紀ちゃんはすっかり裏方になってしまった感はあるが、ハロプロには一番関わっているベリメンである。千奈美はジーニアス。

 

なんだかんだ言って芸能界には携わっている、もしくはすぐにでも戻ってきそうなベリメンばかりなので、再始動が夢ではないと信じてやまないのだ。そんな中での桃子の事実上の芸能界引退は、その望みが絶たれたように思えてしまう。少なくとも数年以内はありえないだろう。

 

当然僕もショックだった。Berryz再始動こそが、真の意味で「やり直す」ための重要なファクターだからだ。みんな何かしらの悔やみはあるだろうが、僕も相応の悔しさがあるのだ。自分を何度も責めた。そしてそれ以上に、あれほどの楽しい空間をもう一度味わいたいのである。

 

ただ、嗣永桃子という人に引導を渡されるということほど、納得ができ、何も文句を言えないのが事実である。何で辞めるのだ、という思いはみじんもなかった。

 

彼女ほどに周囲を納得させられるだけの行動や実績を残してきたアイドルは他に思いつかない。グループを支え、自らも脚光を浴び、教員免許取得など見えない努力を重ね、すべて結果を残してきた。そんな彼女の歩む道を、妨げるようなことはできないし、したくもない。彼女が教育の道を歩みたいのなら、それが考えられうる最善であることは疑いようがない。己が歩みたい道を歩むのがBerryz休止のコンセプトであるし、それが2015年3月3日の時点ではアイドルであり、2017年6月30日からは教育者の道、ただそれだけである。

 

すっかりハロプロから足が遠のいてしまった僕ではあるが、なんやかんやカントリーのリリースイベントは2nd以降各1回見ることができていて、3/3以降唯一顔を合わせているベリメンである。あなただからこそ納得させられる。本当にありがとう。

 

でもいつか、何十年後、おばあちゃんでもいいから、ルージュ引いてBerryz工房再始動させてほしい。っていう、やっぱり諦められなさね(笑)

【後編】握手会レポ 9月18日乃木坂46 15thシングル『裸足でSummer』発売記念 全国握手会@ポートメッセなごや

リアル『行くあてのない僕たち』になってしまった僕はこれ以上何をしたらいいのか。しばし呆然とした後、勝手に足が向かっていた先が能條×若月レーンであった。

 

f:id:tinkerberryz:20160919234232j:plain

2016年9月18日 能條ブログより

 

全握ではゆみちゃんのところには毎回欠かさず行っている。初参加の8th全握手で深川×能條レーンに並んでいて、そこから見えた低めツインのゆみちゃんがあまりにかわいいので、握手後そのままフラフラとゆみちゃんのもとへ行ってしまったのがはじまり。あみちゃんは、僕が目当てとしているメンバーとやたらペアになる率が高く、先述のふかまいさん(名古屋8th)、万理華(名古屋11th)、かず(名古屋14th)といった具合である。過去5回全握に参加したうちの3回は、あみちゃんと握手しているのである。

 

つまり、この二人と握手をするのは比較的慣れているのである。握手はドキドキも必要だけど、この日は心が安らぎを求めていたのかもしれない。

 

この日のあみちゃんは僕的に絶好調で、今までで一番楽しく話せた。常にニッコニコ笑顔で、こちらの冗談にものってくれる。ちょっと前より綺麗になったんじゃないかと思ってしまった(わかりやすいオタク)。

 

ゆみちゃんは『口約束』の話がしたくて、ちょっと歌ってもらったりもして。ちょっと普段より大人しめな雰囲気だったけど、変わらない優しさと可愛さで癒された。

気づいたら能條若月レーンで3回ぐるぐるしていた。列もほどよい長さで、混んでもいないし空いてもいないといった具合。並んでいるオタクも、推しに似るのか落ち着いたオタクが多く居心地がよかった。

 

渡辺×絢音×北野レーンを挟み、5回目の能條×若月レーンを終えたところで、真夏レーンに行きたいと思い始める。真夏は乃木坂を見始めた頃から好きなメンバーで、モバメも一番初めに取りだした。かれこれ2年半ほどになる。その割には握手に行った回数が少ない。これは今回行っておかないでいつ行くんだという気持ちが湧いてきたのである。

 

最初は一回真夏との握手をしたらまた能條×若月レーンに行こうと思っていたが、並んでいる間に能條×若月レーンが締め切られてしまった。それも一因ではあるが、2回目の真夏との握手を終えたとき、残りの3枚はすべて真夏に行こうと決めた。

 

f:id:tinkerberryz:20160919234511j:plain

 2016年9月17日ブログより

 

話したい話題は事欠かなかった。真夏のちゃんと足を上げるダンスが好きだとか、モバメを毎日のように送ってくれることの感謝だとか。思えば、真夏との握手でちゃんとした話をしたことがなかった。今まではネタ振りみたいなものとか、前回の京都で突如発症した真夏ガチ恋拗らせ握手とか(該当ブログ参照)。真夏はネタへのレスポンスもいいけれど、本当にちゃんと人の話を聴いてくれる。そして、しっかりとした言葉を返してくれる。短い時間の握手において、これは当たり前のようで当たり前じゃないこと。本当に素敵な人だなと感じた。

 

万理華欠席、そしてさゆちゃん途中退場というアクシデントに見舞われたが、長く好きでいる真夏とゆみちゃん、度々お世話になるあみちゃんと回数重ねて話せたことは良かった。前日の高ぶりをそのままにというわけにはいかなかったけれど、きいちゃんとも久々に握手できたのも良かった。

 

ただ、やっぱり万理華には会いたかったなぁ。

 

 

 

握手内訳

秋元(個人)   5枚

能條×若月     5枚

渡辺×絢音×北野 2枚

高山×川後       1枚

 

※もともと15枚所持だったけど、2枚は知り合いに譲りました。

【前編】握手会レポ 9月18日乃木坂46 15thシングル『裸足でSummer』発売記念 全国握手会@ポートメッセなごや

セブンイレブンライブでのきいちゃんフィーバーにより、ただでさえ足りないと思っていた15枚の全握券がますます足りなさを帯びてくる。15枚の配分にそもそもきいちゃんが含まれていなかったからである。最低でも10枚は万理華、加えてかず、ゆみちゃん、真夏はマストで、さゆちゃんも行っておきたいし、今回はみさせんにも行きたいと思っていたので、これにきいちゃんが加わったらどうしようもないのである。当日朝にはヤフオクに転がってた現取をどーしよーどーしよーなんて悩んだりして。

 

45分程度かかった長い長い入場列。ようやく入場できた14時前、意気揚々と入場すると一枚の紙きれが。

 

f:id:tinkerberryz:20160919231642j:plain

 

膝から崩れ落ちるとはまさにこの瞬間である。目の前が真っ暗になった。ガックリ膝をついて真下を見ていたので、視界にはコンクリートしか映っていないから真っ暗で当然である。

 

こうなると話は別で、先ほどまで心もとないくらいに薄っぺらく感じた15枚の全握券が、喫茶店のフレンチトーストのような分厚い装いに早変わり。不思議なもので、あれほど誰それに行きたいあーこっちも行きたいなんていう思いは万理華がいてこそのものであり、その万理華がいないとなると、どこへでも行き放題なのにさっぱり湧き立たないのである。

 

とりあえずなんとか気分を変えようと思って高山×川後レーン。かずからは満点スマイルで「久しぶり~!!!」をいただき、いつもならブースからスキップして出てきてもおかしくないのだが、今回は高まるもなにも僕の心はコケまるでいっぱいなのでウンともスンともならない。

 

かずでダメなら、昨日あれだけはしゃいだきいちゃんのところだと思い立った。相方の琴子ダウンにつき、渡辺×絢音のカコミライレーンに移っていて、みり愛でまぁまぁいいスタートを切り(あやねちんはノーコメ)さぁきいちゃん。伝えたかった昨日のダンスの事を伝え、大変かわいいスマイルをいただきフィニッシュ。

 

さっぱりである。全く満たされない。万理華の存在って自身の中でものすごいものなのだと実感する。

 

3枚目は真夏、4枚目は能條×若月と消化し、若干体が起き上がってきた感じを覚えるも、まだ調子は出ない。もはや、ここで切るカードはもうこの人しかいない、井上小百合。万理華とのユニット曲『行くあてのない僕たち』をようやく聴けたので、その感想を伝えるべく、11レーンから21レーンの15時休憩入りあたりで列に並ぶ。

 

15時15分、休憩終了のアナウンスが入る。微動だにしない列。10分、20分と時は過ぎる。列はまだ動かない。募る不安と苛立ち。まさか。

 

15時45分ごろ、係員が待機列に向けて伝えたアナウンスは、「井上小百合、体調不良につき以降不参加」

 

悪いことは偶然にも重なるものなのか、それとも過密スケジュールが招いた必然なのか。わからないけれど、万理華もさゆちゃんもいない握手会という現実がただそこに横たわっていた。

 

後編へつづく

ライブレポ 9月17日 乃木坂46 2ndアルバム発売記念セブン-イレブン限定ライブ@ポートメッセなごや

セブンイレブンライブはセトリを事前に確認したところ、2ndアルバムに入っている曲中心(アルバム新曲をやるとは言ってない)といったセトリだったので、あまり期待はしていなかった。

 

① きっかけ(アルバム新曲)
② 命は美しい (アルバム収録)
③ ポピパッパパー (アルバム収録)
④ 不等号 (アルバム収録)
⑤ 嫉妬の権利(アルバム収録)
今、話したい誰かがいる (アルバム収録)
⑦ 太陽に口説かれて (アルバム新曲)
⑧ 別れ際、もっと好きになる (アルバム収録)
⑨ 君は僕と会わない方がよかったのかな (アルバム収録)
⑩ 羽根の記憶 (アルバム収録)
⑪ 太陽ノック (アルバム収録)
⑫ 悲しみの忘れ方(アルバム収録)
【Encore】
⑬ 裸足でSummer
制服のマネキン
おいでシャンプー

 

きっかけと太陽に口説かれては選抜全員参加なのでやりますけど、他はユニット系なのでやりませんという感じ。まぁアルバム新曲をちゃんとやろうとすると人件費的な観点で言うとだいぶムダ感あるのでやむを得ないし、一応見た目は無銭ライブだし(見た目だけ)、あまり文句は言えないのだが。神宮二日目行ってないし、エコパ神宮を除いたツアーは1公演しか行っていないところでアルバム曲を聴こうなぞおこがましいのだが、いつになったら環状六号線と口約束を聴けるのだという思いで臨んだセブンイレブンライブであった。

 

 

蓋を開けてみたら、断然ツアーより楽しいライブだった。エコパはふかまいさん効果がすさまじいので比較するのが難しいが、きちんと振り付け通りに踊るライブというだけでここまで楽しいものかというショック。ステージがいくつもあったり、花道移動盛りだくさんだったりで、今回のようなステージ一個でちゃんと踊るライブは全握のミニライブを除くとそうはお目にかかれない。

 

特に今回の収穫は、きいちゃんのダンスが非常に面白いということを再確認した点。振りが常に大きく、荒々しくて、それでいて表情豊か。きいちゃんはダンス一個でその場を席捲できるパワーがあるなと強く感じた。

 

f:id:tinkerberryz:20160919222310j:plain

2016年9月17日のブログより

 

きいちゃんは8thと15thの選抜であり、今回の曲目ではアンコールまで1度も同じステージにいることがなかった。つまり、ツアーとは異なり万理華を見ているからきいちゃんが見れないというシーンが皆無に等しかったのである。それもあり、今回の「きいちゃんダンス最強説」が再浮上したのであろう。11th~14thのアンダー曲は本当にきいちゃんばっかり見ていた。

 

自身初であった『太陽に口説かれて』は、万理華をずーっと見て振りコピするのがとても楽しかったけれど、全体を通すとまりちゃ~♡充したというよりはきいちゃんでホクホクして帰ってきたセブンイレブンライブでした。

ライブレポ 5月28日 夢みるアドレセンス『ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016』@名古屋 DIAMOND HALL

5月28日 夢みるアドレセンス『ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016』@名古屋 DIAMOND HALL       

 

 

当初は参加予定がなかったライブだが、知人が行けなくなり公演1週間前に譲渡の話を持ち掛けられ、参加の運びに。夢アドは過去3度見たことがあるが、その機会はリリイベとコピンクイベ(2014年9月23日ピンクス&コピンクス!スペシャルライブ2014 ~嘘みたいな今日~)のみ。コピンクの時は宮本佳林さん、浅川梨奈さん目当ての部分が強く、夢アドも楽しかったけど重きは置いていなかった。

 

予習として久々にYouTubeで夢アドの動画を見てみたら、最新シングル『ファンタスティックパレード』が非常に良く、何度もリピート。以前から気にはなっていた志田友美さんの髪が重みのない茶髪ロングになっていて、以前の重めパッツン黒髪の頃より断然好きな感じ。急に決まったライブなのに非常に楽しみになってきた。

 

 

DIAMOND HALL に入るのはベリのナルチカ以来(2014年9月26日)で、その時と同じ黄色サイを携えての参加というのもなんだか不思議な気分である。ちなみに黄色サイを使うのは、ベリラストライブ(暫定)の2015年3月3日以来。

 

番号は後ろの方だったので、フロア後方下手寄りに位置取って開演。アイドルのワンマンライブはなんと今年初。全握前のミニライブや対バンしか見てなかったので、ワンマン独特の開演前に血がたぎるような感覚を久々に味わい、イイ感じ。スタートは『おしえてシュレディンガー』。『ファンタスティックパレード』と両A面で、これまた予習期間に気に入った曲だったので素晴らしい出だしとなった。MVで着ていた猫衣装も愛らしくかつ妖艶。清楚な乃木坂衣装ばかり見ていたから新鮮に映るし、セパレートでしっかりおなかを出しているのがまたポイント高い。志田ゆうみんの素敵な腹筋とくびれが爆発していた。サビのダンスは簡単かつ楽しく、久々にフリコピする楽しさを満喫した感じがあった。

f:id:tinkerberryz:20160529223219j:plain

シュレディンガー衣装

 

続いて『ステルス部会25:00』。これも気に入った曲であり、マイナー調のアップチューンはもともと大好物。ライブでの盛り上がりを焦がれていたから超序盤に聴けてテンションMAX。夢アドのライブでこれだけ楽しい気持ちになるとは思っていなかった。うれしい誤算。セトリにはまだ知らない曲もいくつかあったが、もうすべて受け入れ態勢万端の楽しいたのしいモードだったので全て満喫できた。リミックスver.の『キャンディちゃん』もガンガン踊れて最高。待望の『ひまわりハート』の「やっぱゆうみんかな?」コールをフライングしてしまって恥ずかしかったのもオタク3日目感あってそれもまたよし。この曲から衣装チェンジして、PASSPO☆の『TRACKS』を彷彿とさせる赤白衣装になるのだが、めちゃめちゃ可愛くて満面の笑みがこぼれてしまう。

f:id:tinkerberryz:20160529223411j:plain

赤白衣装及び本公演の集合写真

 

そして終盤、待ちに待った『ファンタスティックパレード』。イントロと共に頭のネジがはじけ飛んで、踊り狂い飛び跳ねた。あーーーーライブってこうだよこうだ!!!頭からっぽにして楽しむこの感じ!!!最高の感覚だった。ここ1年くらいで一番楽しいシーンとなった。ステージの記憶があまりないけど、とにかく楽しかった。楽しかった!!!(語彙力ゼロ)

 

特典回も当然参加。2ショットだけにしようかと思ってたけど、せっかくだからと全員握手もつけてみた。想像より剥がしが速かったけど、全員にはじめましてできたのでオッケー。ゆうみんとの初握手、サイコー!!!(語彙力ゼロ)

2ショットはもちろんゆうみん。『ファンタスティックパレード』内の表情を再現したかった。「いたずらっぽく、イーッて!」とお願い。

f:id:tinkerberryz:20160529224012p:plain

いたずらっぽく、イーッ!

 

まぁ発注が伝わらず完全にはじめましてアイドル感MAXになってしまったけど、かわいいからオッケー!!!(単純すぎなの私)ゆうみんにとにかく楽しかったと伝えて、素敵な笑顔をいただいたので、いやぁもう言うことナシね。

f:id:tinkerberryz:20160529223607j:plain

僕楽しそうすぎてアレ。

 

というわけで本当に楽しいライブだった。ハマりたての補正効果はあるけれど、心から満喫できてよかった。また行きたいし、2ショ1回くらいなら気軽に済むので気が楽。やっぱり一つのところに傾倒しすぎると辛さが出てきてしまうので、時々他の現場に行って楽しむのがいい。というか、傾倒しすぎなければいいだけの話で自分のさじ加減なのだが、まぁどうにかできるなら最初からそうしてるんだけど。以前に書いた握手の記事にリンクするけど、これからなるべく気を楽に臨みたいなと思った。とにかく夢アド楽しかった!おしまい。

握手会レポ 5月15日  欅坂46 1stシングル個別握手会@ポートメッセなごや

5月15日  欅坂46 1stシングル個別握手会@ポートメッセなごや

 

 

今泉佑唯という女性はたいへん素晴らしい方である。

 

 

理由その1

個別前日の全握ミニライブでは、体調不良にもかかわらずそれを感じさせないパフォーマンスを披露。「表情で魅せるダンス」を体得していて、生半可な実力ではないことを見せつけてくれた。個別当日、僕の前のオタクが体調のことについて言及していたが、顔色変えずに元気アピール。心配してくれたことに感謝していた。根性論を持ち出す気はないが、いわゆる「プロ」としての仕事ぶりを見た気がする。僕はこういう場合体調のことには触れないようにするが(過去に触れたことはある)、これだけ気分の良い接し方をしてくれるのは、あれこれ考えたり変に臆したりせず握手に行けるポイントとなる。

 

 

理由その2

佑唯ちゃんはいわゆる「釣り対応」が評判であるが、実際に握手をした身としては変な甘ったるさを感じず、僕の大好きなスカッとしたメロンソーダを飲んだかのような後味である。劇甘M缶コーヒーみたいなアイドルはステージ上からのルックだけで胃もたれがするのだが、佑唯ちゃんはほんのり香るハンドクリームとともに僕の心をふんわりと包み込んでくれる、そんな感じである。握手は全然手を離してくれず、剥がしのスタッフに「お時間でーす!!!」と3回くらい言われているのに尚離さない。なんなら手をグッと自分の方に引き寄せて、出口側ぎりぎりまで移動して最後の最後まで握手してくれる。佑唯ちゃんは釣ろうとしているのではなく、来てくれたオタクに愛を注いだ結果、その魅力に引き込まれてしまうオタクが出てきてしまうのである。これはどうしようもなく仕方ないことである。不可抗力である。

 

 

理由その3

テレビから出てきたまんま、いやそれより増幅してかわいい。全く期待を裏切らないのである。自身としては初めて会うアイドルとは思えない回数の握手をしたが、そのすべてにおいて楽しめた。ちゃんとした話を持っていけばちゃんと聞いた上で反応してくれるし、台本に書いたようなネタを持って行ってもぴったり適切なリアクションが返ってくる。けやかけの学力テストでは悲惨な結果だったが、地頭の良さがビシビシと伝わってきた。僕はアイドルに対して「120%の再現」を求めるので、それを体現してくれたことに感謝。

 

 

何をクヨクヨ考えていたんだと思えるくらい素直に楽しかった。前回の反省はあったものの、まじめに話す内容をガチガチに考えては行かなかった。というかそんなにまじめに話せるほどの知識や経験がまだない。それでも楽しかった。

何がよかったのかなと考えると、割とシンプルに楽しいとか可愛いとかいうのを伝えたことが功を奏したのかもしれない。万理華と話すときは、なんとか仕事のことや作品の事に触れて、褒めていこうとしているけど、その分単純に楽しいとか嬉しいとかいうことがあまり伝えられていないのではないかと思えた。振り返ると、万理華には伝えたいことをぶつけすぎて、会話になっていないこともしばしばある。せっかく会って話をするのだから、キャッチボールを楽しむことも重要だなと感じた。

 

実は個別券をとりすぎたと当初は思ってきて、万理華への思いの高まりと共になんで他の子の券をこんなに買ったんだと後悔していたのだが、結果として非常に良い結果となった。本当に佑唯ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいである。しかしそれ以上に、好きな子と会えることを喜び、話せることを楽しむという当たり前のこと気づかせてくれた佑唯ちゃんには非常に感謝している。楽しかったし、得るものも大きかった。

 

 

改めて、今泉佑唯という女性はたいへん素晴らしい方である。

 

 

そういえば、ねるちゃんと握手するために足した全握券なのに、なんでねるちゃんのところ一回も行ってないんだろうね。ちゃんちゃん。

 

 

 

握手内訳

 

1部

今泉佑唯 7枚(ラスト3枚まとめ出し)

 

2部

今泉佑唯 7枚(ラスト3枚まとめ出し)

 

3部

今泉佑唯 7枚(ラスト2枚まとめ出し)